或る舌癌患者の音声履歴

 舌癌患者は,言葉が不明瞭になること、摂食がうまくできなくなること、そして味覚を失うという大きな障害を負うのが普通です。中でも自分の言葉が正しく聞き取られていないことを知ると、他人とのコミュニケーションに自信を失います。たとえば人によっては、電話に出ることも出来なくなります。

 そして将来もこのような状況が続くのではないかという強い不安に陥るのが普通です。その結果、多くの舌癌患者は落ち込んでしまいます。

 自分の異常な音声が、将来どれくらいの時点でどの程度改善するのか、しないのか、非常に不安に駆られます。

 しかし医師も看護師も誰も、回復の見込みがあるのかないのかを語ってくれません。

 偶々ここに、舌癌で舌亜全摘手術を受けて、舌の3分の2を失った或る患者が手術前から6年後までの間に、その時々の自分の音声を録音したものがあります。

 そこで、それを各1分間に編集したものをご紹介します。これは舌癌患者の音声の貴重な回復記録です。

 

 下の三角の矢印をクリックしてください。音声が流れます。

<タイトル>6年間のおしゃべり音声履歴

 録音日:2日前・15日目・3週間目・1ヶ月目・6ヶ月後・6年3ヶ月後

若干補足説明を加えておきます。

1.録音した時期を私の音声で説明していますが、本人が6年後に吹き込んだものです。つまり6年後の音声です。手術直後の音声との違いを比べてみてください。違いがお分かりいただけるかと思います。

2.手術後初めて声を発したのは、手術後15日目でした。この時の音声が余りにも不明瞭なので録音テープの故障ではないかと誤解される恐れがありましたので、最後に健常者(介護者)の音声を入れました。テープの故障でないことがお分かりと思います。

3.患者は手術後1ヶ月頃から発音のリハビリに取り組み、6年間続けました。訓練マニュアルは、別のページに掲載してあります。入院中は毎日5分間お喋りすることにしました。その音声記録が上記のテープの音声です。また毎日の散歩においては、1から順に1000まで数を数えるようにしました。これも発音のリハビリになります。

 

 次に、新聞を朗読した時の音声履歴を掲載します。

<タイトル>5年半の新聞朗読音声履歴

 録音日:2日前・2ヶ月後・半年後・1年後・5年半後

 最後に申し上げたいことは、この記録によって、舌の一部を失っても言葉の不明瞭さは経日で改善されることが実証されました。

 この音声記録が手術直後にしゃべることに自信を失ったり、絶望感で精神的に落ち込んだりしている方々に希望を与えるものであることを願っています。

 あなたのリハビリの努力によって、発音のレベルは確実に向上することを知っていただきたいと思います。

 

 私は手術直後の自分の言葉(発音)に絶望的なほど失望をしました。しかし今振り返ると、もし誰かが今日のレベルまで回復することを教えてくれていたら、そうした気持にはならなかったでしょう。唯一頼りにしたのは、ある看護師さんが「入院中よりも、退院して1年後に外来で来られた時の方が言葉が分かりやすくなっていますよ」と言った言葉でした。

 それを聞いて私は、3カ月半の入院中から言葉のリハビリに取り組みました。病院の言語聴覚士の先生の指導も受けました。退院後の私は、気が狂ったように、無我夢中ででリハビリの方法論を求めて、多くの専門書や学術論文を漁りまくり、7人の大学の先生方(教授5名・准教授1名・講師1名)を訪ね歩き、プロの腹話術師も自宅に呼んで会いました。しかしどの人も自分のような舌癌患者に会ったのは初めてということで、結果は空しいものでした。

 そこで自ら研究し、退院後の4年間に5件の学術論文を発表しました。その間に自分で経験したことのうち、他の同病の方達に参考になることを、次ページ以降に掲載しました。ご参考になればと思います。