フォトギャラリー

現在の大阪国際がんセンター内での会場の様子をご紹介します。

100人収容の大会議室で開催しています。

 勉強会で,医療者から「がん」についての講演を聴きます。

 がん患者会「1・3・5の会」と合同で勉強会を開くこともあります。

 勉強会では,医療者だけでなく,会員の体験談を聴くこともあります。

 

    「勉強会風景」

 

 勉強会の後で交流会を開催します。

 交流会では,がんの部位別に 分かれて,テーブルを囲んで同病者同士の情報の交換を行います。日常生活での障害やその対処経験や将来不安などを語り合います。

 

   「交流会風景」

 

 交流会のとき,一部の有志は 講師の先生方を囲んで,車座になって少人数で先生との対話を行います。

 日頃先生方と,じっくり話をすることが少ないので,患者と医療者との距離を縮める場となっています。

    「対話風景」

 

 すべてのがん腫の人を対象とする「1・3・5の会」と合同で

合同患者会を開催することがあります。

 いろいろながん腫の人と交流することができます。

 

 

     「合同患者会」

「名札の例」
「名札の例」

 全ての会員の「名札」が作成さています。名札には,疾患名と氏名が記載されています。これで相手に自分の名前と疾患名が分かるようになっています。着席は自由ですので,自分の名札を持って着席します。会員相互の情報交換に便利です。「交流会」参照。

 

「資料展示コーナー」
「資料展示コーナー」

 「資料展示コーナー」を設けています。会報や再発防止のための勉強会資料などが展示されています。

お好きな資料をお持ち帰りできます。無料です。

「貸し出し図書コーナー」もあります。お持ち帰り自由なパンフレットなども展示しています。

 

 以下に掲載したものは,府立成人病センター内で開催していた当時のものです。

「初めての参加」(どんぐり会)
「初めての参加」(どんぐり会)

 どんぐり会は,初めて参加する人だけの集まりです。先輩会員(役員)も一緒に参加します。

 初めての参加者には自己紹介(発病までの経緯,現状の悩みや不安など)を語ってもらいます。先輩会員からアドバイスや当会の紹介などがあります。

 

「体験談」を語る(ひまわり会A)
「体験談」を語る(ひまわり会A)

 ひまわり会では、会員が「私の体験談」をじっくりと語ってくれます。皆さんは真剣に耳を傾けます。自分のことと何か通じるものがあり、ピンと来るからでしょう。先輩会員の生き様は後輩会員にとっては、とても良いヒントとなります

「勉強会」風景(ひまわり会A)
「勉強会」風景(ひまわり会A)

 ひまわり会では、養生生活のことや医療・治療に関する事、癌の基礎知識や再発防止対策など、種々のことを勉強します。

 外部講師を呼ぶこともあります。

  スライドを使って,説明します。

グループごとの交流風景「交流会」
グループごとの交流風景「交流会」

 定例会が終了したあと,残れる人は残って「交流会」をやっています。同じ疾患の人同士が数人に分かれて,体験話や相談事や情報交換など,いろいろなお話をおしゃべりしています。

 机の前に自分の「名札」を置いて,おしゃべりしています。

イベント「神峯寺の紅葉狩り」
イベント「神峯寺の紅葉狩り」

 屋外イベントは、室内での患者会とは趣が全く違います。
普段しゃべれないことを語り合えるのが、イベントの魅力です。

 仲間とじっくり半日お付き合いできる絶好のチャンスです。「絆」が自然と生まれてきます。

 

イベント「史跡の散策」
イベント「史跡の散策」

 屋外イベントの楽しみはお弁当の時間。遠足気分を満喫!
 この写真は史跡博物館の中庭で昼食を取るグループの姿。話題は仲間の深刻な悩みを夢中で語り合いました。でも「笑い」の絶えない1日でした。